メニューボタン

オールアナログ仕様のディストーションペダル

CRASH BOX 4 CLASSIC BASS DISTORTION PEDALは、オールアナログのベースディストーションペダルです。クラシックな真空管回路に見られる4種類のディストーションを正確にエミュレートし、ドライブ/ゲイン、ハイパス/ローパスフィルターによるオーバードライブパスとクリーンブレンドのコントロールが可能です。その結果、タッチ感度や音楽性を損なうことなく、また余分なノイズを発することもなく、幅広い音楽ジャンルやプレイスタイルに合わせてサウンドメイクすることが出来ます。

特徴

  • 軽量なアルミシャーシ
  • 堅牢なストンプスイッチ
  • 電源の電圧と極性を自動検出するDC IN 端子
  • 低ノイズ・サイレントスイッチング回路
  • 4ポジションのディストーション "GEAR"セレクタースイッチ
  • ハイパス/ローパスフィルター(オーバードライブエンジンのみ)
  • パラレルクリーンシグナルパス
  • ドライブ感度切り替えスイッチ(DRIVE SENSITIVITY)

機能

❶ ハイパスフィルターノブ
ディストーション・エンジンに入力される信号のローカットオフの周波数を調整します。 このフィルターはクリーンパスには影響しません。

❷ ローパスフィルターノブ
ディストーション・エンジンに入力される信号のハイカットオフの周波数を調整します。 このフィルターはクリーンパスには影響しません。

❸ ドライブセンシティビティ・スイッチ
入力インピーダンスの切り替えができます。HIGHはパッシブタイプのベースに最適で、LOWはアクティブタイプのベースに最適です。スイッチをLOWにしてDRIVEコントロールを上げると、さらなるディストーションの質感を得ることができます。

❹ ドライブノブ/ドライブボリュームノブ/クリーンボリュームノブ
DRIVE:オーバードライブの量を調整します。DRIVE VOL:ディストーション(Wet)の音量を調整します。CLEAN VOL:クリーン(Dry)の音量を調整します。クリーンブースト以外にもDry Wetのブレンドとしても使用できます。

❺ ドライブセレクトギア
この4ポジションのスイッチは4速ギアシフトのように機能します。1st 〜4thのドライブアルゴリズムから1つを選択して使用します。1stギアの真空管アンプのクリーンチャンネルのような温かみのあるトーンから、2nd,3rd,4thとギアを上げていくことによりよりアグレシッブなドライブ感とコンプレッションを得られます。

❶ DC IN 端子
電源の電圧と極性を自動検出する回路を内蔵。9V~18Vのセンタープラス/マイナスどちらでも正常に機能します。高出力のベースの場合、12V以上の電源を使用すると入力ヘッドルームが少し大きくなることがあります。

❶ 入力/出力ジャック
名目上は楽器レベル入力/出力ですが、入力の場合ドライブセンシティビティスイッチをLOWに、出力の場合DRIVEとCLEANのボリュームを 上げればラインレベルにも対応します。

仕様

型番CRASH BOX 4
電源9~18VDC
入力インピーダンス<1MΩ
出力インピーダンス1kΩ
オーバードライブエンジン
入力HPF / 出力LPF
30Hz~200Hz / 1kHz~14kHz
入力感度ドライブ感度(HIGH):-20dBu
ドライブ感度(LOW):-10dBu
最大入力レベルドライブ感度(HIGH) / DRIVE VOL 9:00の場合
0dBu(9V),+5dBu(12V),+10dBu(18V)
最大入力レベルドライブ感度(LOW) / DRIVE VOL 9:00の場合
+5dBu(9V),+12dBu(12V),+18dBu(18V)
最大出力レベル+9dBu(9V),+14dBu(12V),+20dBu(18V)
寸法W127xD104xH59 mm
重量0.5 kg
市場想定価格(税別)¥34,000-