Genzler

メニューボタン

【試奏レポート】池部楽器ベースステーション リボレ秋葉原の田中さんから試奏レポートをいただきました。

2019/05/13

池部楽器ベースステーション リボレ秋葉原の田中さんから試奏レポートをいただきました。2019年5月11日から5月24日まで池部楽器ベースステーション リボレ秋葉原にてレビュー機器を試奏いただけます。是非お試しください。

田中さんコメント

MG-212T

ブラックとシルバーのワイヤーを織り込んだグリルのルックスも良く、GNZLERらしいタフな低音を提供。
その低音も猥雑さはなく、欲しいところが出ているので、「ベースらしい」サウンドが存分に味わえます。

BA12-3

4×3インチ・ネオジウム・ドライバーを携え、嫌味のないクリアな高音と12インチの組み合わせによるバランスが良く、このサイズながらも音が遠くまで綺麗に飛んでいくキャビネット。
世界初のラインアレイ(フロントに配置されたドライバー)という構造もよく考えられていますね。

MG-350-BA10 COMBO

350WのクラスDアンプ、MG350はオールドスクールなサウンドながらもまとまりのあるサウンドを演出。
BA10-2は、10インチのスピーカーですが、それを感じさせないパワー感とレンジの広さを持ち、2.5インチ・ネオジウム・ラインアレイ・ドライバーの効果が充分活かされた仕様。 ちょっとしたライヴならばコレで充分です!

試奏機種

MG-212T|ベースキャビネット

製品ページ
MG-212T

BA12-3|ベースキャビネット

製品ページ
BA12-3

MG350-BA10 Combo|ベースコンボアンプ

製品ページ
MG350-BA10 Combo