Genzler

メニューボタン

Profile

ダグ・ジョンズは、すべてのサウンドはリズムに基づくものだと知っています。
彼は4回のソロ・レコーディング(Doug Johns、Pocket Fulla Nasty、Stank、Blomp!)の後、自身にとって最も自伝的な作品である「Vodka in the Woodpile」をリリースしました。

2016年4月15日にリリースされた「Vodka in the Woodpile」は、ファンク・ベースの常識を超えた予想外に新しいサウンドをクリーブランドのベーシストに提示しました。 "Old Woman Creek"ではバンジョーの演奏を披露し、情熱的にロックンロールを賛美した"Free Ride"、"Tricerafunk"ではフルバンドのファンキーなサウンドと確実なビートテクニックをトラックに刻んでいます。

「Vodka in the Woodpile」は、ドラムにJordan Simmons、ホーンにKenny AndersonとJoe Miller、ギターにOz Noyなど、多くのアーティストが参加しています。ドラムの偉人デニス・チェンバースのプロデュースによる演出は見逃せません。

ベースプレイヤーマガジンでは彼のことを「アメリカで最も信用度の高いベーシストの一人。彼の創造性は常に魅力的」と評しています。

Doug Johns at NAMM 2016
Magellan800 & Bass Array 12-3 x2